FX脳

FXで勝つのは大事ですが、勝ってお金を稼いで何がしたいのかということも大事です。

トレードは損を受け入れると勝ちに近づく

   


こんにちはー♪

ぴこたろうです。
 

FXトレードでなかなか勝てないと、

勝っている人のTwitterとかFacebookとかブログを見て、

勝てている人と、自分との違いって何だろう?

って悩んだり、悔しくなったりしませんか。

 

実は、

チャート分析は、

勝っている人も負けている人も、

そんなに変わりはなかったりするんです。

 

負けている人も、

色々なインジケーターについて、

すごく詳しく知っていたり、

ファンダメンタル、テクニカルともに、

FXトレードについてすごく詳しかったりするんです。

 

じゃあ、なんで勝てないの?

って考えた時に、

トレードをすごく難しく考え過ぎているのかなと。

 

トレードに関する知識なんて、

基本的にはグランビルの法則、ダウ理論、移動平均線くらいでも勝てちゃったりします。

 

あとはMACD、RSI、ストキャスティクスなどのオシレーター系のインジケーターや、

ボリンジャーバンドを、一つか二つで充分。

 

これだけで相場の優位性は判断できます。

 

トレードは、優位性のある方向にエントリーして、

逆に動いたら早めに損切りして、

思惑通りに動いたら伸ばす。

 

損切りと利益確定(利食い)の比率(リスクリワード)は、

1:2~3くらいにしておけば、

勝率4割くらいでも収支はプラスになります。

 

欲張り過ぎず、負けてムキにならなければ、

トータルでプラスが積み上がっていくんです。

 

優位性のある、

勝つ確率の高いタイミングでエントリーした後は、

ただ単純に損少利大の回数を重ねて、

その得失差による利益を増大させていくだけなんです。

 

その、優位性があるというのは、

例えば買いエントリーなら、

上昇する可能性が、下降する可能性よりも、

比較的高いことを示しているにすぎません。

 

正直、価格がこれから上がるか下がるかなんて誰にもわからないんです。

 

だから、逆行したら切り、順行したら伸ばす。

この繰り返し。

 

トータルで損切りが多いようなら、

エントリーポイントを見直して修正していく。

 

損切りになったら、誰だって悔しいんですが、

負けもトレードのうちと認めちゃってください。

 

私はあまりプロ野球とか観ないんですが、

優勝するチームでも、

確か1シーズンに50敗とか60敗とかしますよね。

でも他チームより多く勝っていたら優勝です。

 

トレードもそんな感じで捉えるといいんじゃないかと思います。

 

今週のドル円が優位性のわかりやすいチャートだったんで、

ドル円1時間足で一週間を見てみましょう。

2016年4月18日(月)~4月22日(金)USD/JPY 1時間足。
2016-0418-0422-h1-01
(チャート画像はXM.COMのMT4)
XM 口座開設

 

結果的には、月曜日からどこで買っても助かってしまうような相場でした。

 

移動平均線で優位性を判断してみましょう。

黄色の長期移動平均線(ここでは60MA)の上に価格がある時は、

上昇が強いかなと見ることができます。

なので、黄色の移動平均線の上に価格があり、

さらに緑の中期(ここでは20MA)やピンクの短期(ここでは8MA)移動平均線を、

価格が上回った時に上昇の優位性が高いと判断して買いエントリーできると思います。
2016-0418-0422-h1-02

 

このチャートではMACDを使っていますが、

MACDでも判断できますね。
2016-0418-0422-h1-03

もちろん、エントリーの時点で、

その後、確実に上がる!なんてのはわからないんです。

 

「上がる確率が高そうだ」くらいなもんです。

 

なので、下がったら損切りすればいいし、

上がったら決めたリミットで利確すればいいんです。

 

長期移動平均線の上で価格が推移している時は上昇の優位性が高い。

長期移動平均線の下で価格が推移している時は下降の優位性が高い。

 

損切り20pips、利益確定40pipsに設定しているとしたら、

20pips負けか、40pips勝ちかのどっちかでいいんです。

 

もし、20pipsくらい利が伸びた後に、

そこから逆に動くのが怖くなったら、

その時はエントリーポイントまで損切りの逆指値を移動させてもいいとは思います。

 

これなら負けてもプラマイゼロです。

勝ち負けでいうと、ドローみたいなもんでしょうか。

 

損切りもトレードのうちと受け入れてみましょう。

 

トレードの参考になるツイート貼っておきますね。


この方のツイートはいつも参考にしています。

そんじゃ、また一週間がんばっていきましょー。

 

 

・FX(投資)に興味があるけれど、まだやったことのない人。

・これからFXをやろうと思っている人。

・FXをしたけれど、過去に大きく負けてしまった経験のある人。

このメール講座は無料ですので、

良かったら試してみてください。

======================================
無料メルマガ!!6か月間で資金を2倍に増やすシンプルFX講座
======================================

 
 

 - FXで勝ち続けるためのステップ, 過去相場検証

スポンサーサイト

ドラストFX 期間限定特典プレゼント実施中!

【延べ10,000名突破キャンペーン中】ドラゴン・ストラテジーFX~三種の神器~世界中を旅しながら「毎月70万円」を稼ぎ続けるツール登場!ドラストFX

『チャンスを掴んで資金を2倍に!
 トレンドの天井と底を見抜く、利益拡大ラインの見極め方(PDF資料) 』
『初月100万円も夢じゃない!?
 驚くほど資金が増える爆益テクニック!(PDF資料)』
『プロトレーダー愛用!
 稼ぎやすい時間が一目でわかる、大トレンドタイム一覧表(動画解説)』
 

 
==========================
今までのトレードの経験年数は関係ありません。

多くのトレーダーがチャートに張り付き、忙しいトレードをして負け続けている中、どうやって一日5分という少ない労働時間で月100万以上の収益を上げているのか・・・
FXぷーさん式 トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝
一日のチャート監視時間はたったの5分!簡単で単純なトレード方法で安定的に稼げるようになるための教材です。

==========================


週刊キャプロア出版(第24号): 猫キャプ ねこものがたり Kindle版

スポンサーサイト

ドラストFX 期間限定特典プレゼント実施中!

【延べ10,000名突破キャンペーン中】ドラゴン・ストラテジーFX~三種の神器~世界中を旅しながら「毎月70万円」を稼ぎ続けるツール登場!ドラストFX

『チャンスを掴んで資金を2倍に!
 トレンドの天井と底を見抜く、利益拡大ラインの見極め方(PDF資料) 』
『初月100万円も夢じゃない!?
 驚くほど資金が増える爆益テクニック!(PDF資料)』
『プロトレーダー愛用!
 稼ぎやすい時間が一目でわかる、大トレンドタイム一覧表(動画解説)』
 

 
==========================
今までのトレードの経験年数は関係ありません。

多くのトレーダーがチャートに張り付き、忙しいトレードをして負け続けている中、どうやって一日5分という少ない労働時間で月100万以上の収益を上げているのか・・・
FXぷーさん式 トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝
一日のチャート監視時間はたったの5分!簡単で単純なトレード方法で安定的に稼げるようになるための教材です。

==========================


週刊キャプロア出版(第24号): 猫キャプ ねこものがたり Kindle版

  関連記事

どちらにも動きにくいけど、じりじり下げた 2015年7月13(月)~7月17(金)日 EUR/JPY

こんにちはー♪ ぴこたろうです。   7月13(月)~7月17(金)日 …

すべてのトレードにはリスクがある。

こんにちはー♪ ぴこたろうです。 先日、メルマガ読者様からのメッセージで、 この …

相場参加者の9割が負ける理由

こんにちはー♪ ぴこたろうです。   来ましたね。黒田逆バズーカ第2弾 …

買っても負けても淡々とトレードすること

今週はボリバンタッチとストキャス買われ過ぎ売られ過ぎの組み合わせが、 なかなかピ …

回帰トレンドを使ってトレード

こんにちはー♪ ぴこたろうです。   前回はMT4でチャネルラインを引 …

どこで買っても助かった 2015年6月1(月)~5(金)日 米ドル円

こんんちはー♪ ぴこたろうです。 今回はとても勝ちやすい相場と言えた、 米ドル円 …

移動平均線とMACDを組み合わせてみる

こんにちはー♪ ぴこたろうです。   今日は移動平均線とMACDを使っ …

MT4のチャネルラインは便利

こんにちはー♪ ぴこたろうです。   今週もAUD/JPYを主に見てい …

FXで初心者でも勝てるパターン

こんにちはー♪ ぴこたろうです。   この一週間もAUD/JPYをトレ …

勝てるトレーダーは相場のどの部分で稼ぐのか?

こんにちは。 ぴこたろうです。   前回は、スパンモデルというインジケ …